ホーム > 関節痛 > 意識して行動すれば起きない関節痛

意識して行動すれば起きない関節痛

私は50代から膝の関節が痛みだし、整形外科で「関節の軟骨が減っているために起こる症状」と言われ、補助器具なども使っていました。年を取ると、みんなが言っている膝痛だと思っていましたが、その器具のおかげか、おさまっていました。昨年のことですが、娘の勤務している学校で全国大会に出場することになったのです。その垂れ幕を娘が作ることになり、手伝いました。5時間くらいかかり、その間夢中で正座してミシンをかけつづけたのです。後で考えると何も私が頑張らなくてもよかったのに、娘は次の日の教材研究が忙しいと言っていたので、つい手伝ってしまったのです。そして、出来上がったのはよかったのですが、立ち上がろうとしても立ち上がれなくなったのです。本当に驚きました。膝が痛くて伸ばせないのです。タオルをお湯で温めてもらい膝に当ててしばらく椅子に座っていました。歩けるようにはなりましたが、違和感があり、整形外科に行くと、「年を取ると長時間同じ姿勢はエコノミー症候群になるし、関節はダメージを受けるから、今後正座は禁止」と言われてしまいました。ブロック注射で痛みも取れ、それ以来痛みは起きていませんが、気を付けないといけないことばかりだと感じています。

リョウシンJV錠の評判・口コミ!効果、副作用、成分は?