ホーム > 健康 > 皮膚にいる細菌が匂いの元凶になる

皮膚にいる細菌が匂いの元凶になる

皮膚にいる細菌が腋臭症の匂いの元凶になるという内容についての解説記事です。
自分はワキガと思われたくないので、行っている対策は、汗をかいたら乾く前に拭いて服を着替える後に、制汗剤をつけることです。
臭いの元凶は、汗をかくと、汗の中の栄養分や皮脂が、皮膚にいる細菌によって臭いが出るようになります。
そのままほっておくと細菌が繁殖して臭いがきつくなってきます。
服が臭くなっているのは、細菌が服の繊維の中に入り込んでいるためです。

こうなるといくら体を綺麗にしても服が臭いので一緒です。
なので、自分は汗をかくと小まめに汗を拭いています。
しかし、乾いたタオルで拭きません。
これはネットで調べていた時に見たのですが、乾いたタオルだと汗を拭いても、臭いの元は肌に残ったままだそうです。
なので、水で絞ったタオルで拭くようにしています。
その方が細菌と一緒に皮脂の汚れなども取り除くことができるので、ワキガには効果的だそうです。
それだけでは、心配なので自分は制汗剤を塗っています。
今の制汗剤は汗をかいても1日細菌から守ってくれて脇の嫌な臭いがしないものも増えてきています。
それだけしても、ワキガの臭いがするなら医者に行って手術でも受けることにします。

ワキガを治すためのノウハウを蓄積をするブログ

関連記事

  1. 涼風の肥満はメタボリック症候群のもと

    私のように家だとときどき怠けてしまうかたは、ジムに行くほうがモチベーションの保持...

  2. 皮膚にいる細菌が匂いの元凶になる

    皮膚にいる細菌が腋臭症の匂いの元凶になるという内容についての解説記事です。自分は...